About Us   |  ICF   |  News   |  Contact Me
Welcome Guest 
一般財団法人 まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウスログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
一般財団法人 まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウスメインメニュー
一般財団法人 まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウスリンク

niwa さんの日記

 
2015
1月 30
(金)
23:50
ICFの”痛み”と介護保険法における「痛み」(2)
本文
2011(平成23)年2月22日

ICFの”痛み”と介護保険法における「痛み」(2)


 昨春、念願のケアハウス(2K:数千万円)に入居した友人が、年末から肝腎症候群と診断され、病院の個室に入院したと聴いたので、通院治療中の身ながら心配なので、見舞い行った。
 ナースステーション窓口の面会簿に記入中、ある病室から「痛いよう、痛いよう」と大声で泣く人の声がする。病室を見舞うと声の主は、何と友人!顔は真丸く膨らみ、鼻から経管栄養、導尿のバッグがベッド柵に掛って寝かせきりの状態。変わり果てた状態に息を呑んだ。
 関節と筋肉の痛みが激しく“擦ってほしい。”の希望で、両上下肢を順に会話をしながら擦っていると泣き声から普通の会話になってきた。ケアハウスは?“誰も面会に来ないのよ”どうして?“暗証番号のロックだから”ナースステーションは用事のある時に呼べば来て、ご飯も食べさせてくれるけど・・“面会者の対応は本人がするの”お世話する人は本人だけの事なの?“そう、それでケア料は月30万円・2ヶ月分前払いなの”え?60万円払うの?“そう、振り込みでね” 痛いと言わないね。今どう痛い?“今はいい。それより人と逢わないのが一番寂しい”とのこと。京都へ行く前なので別れるのが大変、足を擦りながら、10代後半に腎臓病からの間節リウマチを患った際の痛みを思い出していた。介護保険の第2号被保険者のがん末期の疼痛は、さぞかしと拝察する。
ICFは、「痛み=pain」を感覚機能と痛みに分類している。
痛み(pain:b280-b289);
躰の損傷やその可能性のある不愉快な感覚である。
1 全身的な痛み:全身の不愉快な感覚
2 局所的な痛み:特定の部位やいくつかの部位の不愉快な感覚
1) 頭頚部の痛み:頭部や頚部の不愉快な感覚
2) 胸部の痛み:胸部の不愉快な感覚
3) 腹部の痛み:腹部の不愉快な感覚
4) 背部の痛み:背部の不愉快な感覚
5) 上肢の痛み:上肢〈手を含む〉の不愉快な感覚
6) 下肢の痛み:下肢(足を含む)の不愉快な感覚
7) 関節の痛み:小関節や大間節の不愉快な感覚;股関節、肩間節、膝間節など
8) その他の痛み:特定の局所的な痛み
3 躰の複数部位の痛み:複数の躰部位の損傷やその可能性を示す不愉快な感覚
4 同一皮節内の放散痛:同じ神経根に支配された皮節内にある躰の部位の損傷や
その可能性を示す
5大節性あるいは領域性の放散痛:同じ神経根には支配されないが、異なる皮節にある
  身体部位の損傷や可能性を示す不愉快な感覚である。
6 その他:特定の、および不明の痛みの感覚
 痛みの感覚ほど個人差のある症状はない。全身的な痛みから刺すような痛み、焼けるような痛みや鈍い痛み、疼くような痛み、さらに機能障害の例では筋肉痛、痛覚の脱失や過敏などさまざまである。また、頭部内の神経に沿った痛みは頭痛薬が離せない人もいる。
そのなかで介護保険は疼痛と余命を条件としている厳しいものである。
 次回は、分類としては「個別的精神機能」である「感情」に進もう。お楽しみに!
閲覧(7406)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
Powered by Monosasi 一般財団法人まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウス